・ヒラスズキ三昧 ・ぶり大根 ・アジのその後 ・タコ料理 ・久々の魚の捌き方講座・マゴチ編 ▼もっと見る

ブログ内検索

プロフィール

にゃにゃお

Author:にゃにゃお

Twitter

OK掛け軸

最近の記事

最近のコメント

ナチュラム最新入荷情報

キャンプ入荷速報
RSS

カテゴリ:魚料理のエントリー一覧

  • ヒラスズキ三昧

    いや~ヒラスズキうますぎますね。スズキの仲間なのに全然スズキっぽくない。本来、スズキ、チヌ、ボラは日本人の海の三大タンパク源として貴重な魚だったようです。昔はね。こいつらは旨いのだけど、湾内に数多く生息することから多少泥臭い場合があるようで。そこで”洗い”といって、刺身を氷水に浸して臭みを取るなんてことをやります。しかしヒラスズキのお味ですが、全然スズキっぽくねぇ~。洗いとか全く必要なし。臭み全くな...

  • ぶり大根

    ぶりに大根と書いてぶり大根です。作り方だし汁・昆布とカツオのあわせだしなど・料理酒:みりん:しょうゆ=2:2:3が目安 (適量でぶりアラの下処理・塩を振る(10-15分くらい放置)・霜降り(熱湯をかけて表面を白くする)これを守らないと臭みが取れません。あとは水でさっと洗い流す程度ですが血のかたまりなどがあったら手で取る。大根を厚めに輪切りしたものを下茹します。箸が中心に抵抗無く通るくらいでいったん...

  • アジのその後

    アジ君達のその後です。ウロコ、頭、内臓、胸・腹ヒレの順で落とし、中骨に沿って切れ目を入れ開く。デカアジだと頭もそのまま開くところですが今回は落としました。塩水に30分から1時間くらい浸してあとはネットで干すだけ。冬だとやっぱり時間かかりますわ。特に日陰なもんで。あぁ天日の下で干したい気分。これを、完全に干物にしてしまう前に食してます。もともとサイズが小さいのであまり干し過ぎると、ほんまにカピカピに...

  • タコ料理

    土曜日のタコ、その後です。まずはぬめりを取る為に塩揉みから、タコを軽く流水で洗い、ボールに適量の塩を入れタコに擦り付けてゆきます。あとは文字通り手で揉んでいくだけ。足は一本一本丁寧に絞るようにしてぬめりをよく取ります。これを2-3回ほど繰り返すと水で洗ったときのタコの感触で取れたかどうかわかります。ぬめりを取ったあとのタコさんです次に、お湯を沸かしてご入浴w このサイズなら10秒くらいで足がタコウ...

  • 久々の魚の捌き方講座・マゴチ編

    お魚捌き方講座・マゴチ編スタートします。まず、はじめに、実はちょっと失敗しました。ヒレを全て落としてからウロコを取るようにしましょう。(背ビレを残したままウロコを取ると、皮に若干のウロコが残ってしまいましてあの美味な皮があぁ・・・ということになりますのでw)んで、本編。まずは、ヒレを料理鋏などで切り落としてから、包丁でウロコを取ります。結構取り易いです。くれぐれも背ビレは先に・・・あと腹側にもヒレ...