ブログ内検索

プロフィール

にゃにゃお

Author:にゃにゃお

Twitter

OK掛け軸

最近の記事

最近のコメント

ナチュラム最新入荷情報

キャンプ入荷速報
RSS

サヨリの西京焼き+釣行もちょっと

 更新が遅くなってしまいました。オラの釣りに限界が見えはじめたことが大きく影響しているかと思います。別に釣りが面白くなくなったわけではありませんが、なんとなく今の我流釣法ではダメな気がしてきました。しかし、手取り足取り教えてくれる師がいるわけでもないので、もっと学び、経験を積み自己を鍛錬せねば。暑いとか寒いとか、遠いとか近いとか言ってられない。車がなければ足で稼ぐのみ。垂水で野宿したり、三方で和田と早瀬を往復して歩いたり・・・過去、そういう荒行に近い行為から、次につながる”何か”を得てきたのではないかと。限界をなんとしても突破せねばならない。それは大物を釣るでも良し、他の何か、たとえば自分流にアレンジした釣法を編み出すとか、そういったことで自分に勝たないといけません。もちろん、小魚をたくさん釣るのも悪くはありません。それがその日の潮と時合いを読んだ結果ならいいのですよ。でも、オラはまだなんとなく釣りをしているだけな気がします。「それでいいじゃん。難く考えなくても。」と言われるかもしれないけど、それでは現在の自分を満足させることはできないようです。

タイトルは”サヨリの西京焼き”なので、この辺にしておきますw

 前回釣行、翼港で釣られたサヨリたちの料理です。どこかのホームページでシロギスを西京味噌に漬け込んで云々というのを目にしました。それをサヨリで試してみようというわけです。ウロコを包丁で削ぎ、キレイに水で洗ってからキッチンペーパーで水気をよく切ります。3枚おろしもしくは腹側から切れ目を入れて”ひらき”にします。

 次に西京味噌。西京味噌というのはWikipediaによると、塩分が通常12%の味噌に比べて5%と低く甘い白黄色の味噌で、主に関西地方で賞味される味噌の総称ということです。これに酒を加えて延ばし少し練ります。素手でぐっちゃりやってみてください。童心に帰れますw これをサヨリの全身に万遍無く塗りたくります。腹側にもたっぷり塗りませう。そして次々に塗っては味噌で隙間を埋め漬け込みます。

漬け込まれたサヨリ


 これを一日以上冷蔵庫で寝かし、焼くわけですが、焼くときに西京味噌を全部洗い流してしまわないように適度に取ります。味噌が残りすぎると焼くときに黒焦げになってしまいますので。味噌を焦がさないように弱火でじっくりと焼きあげます。本当は炭火が一番良いんでしょうけど、ここは簡易ガスコンロで軽く炙ります。

サヨリの西京焼き
 味噌が黒く焦げた部分は取り除き完成です。正直、ほんとにうまかったっす。塩焼き、日干し、天ぷら・・・今までいろいろ試しましたがこれが一番うまいし、日持ちもします。一週間でも冷蔵庫に入れておけば大丈夫。

さて、釣行の方はどうかというと、8月5日に福井県・美浜町の久々子(くぐし)湖・日向港(ひゅうがと書いて”ひるが”と読みます)にて、スズキ&グレ狙い。日中は暑いのでこれを避けて4時ごろから日没近くの3-4時間、ウキ釣りをしました。スズキには青イソメ、グレにはオキアミ、コマセのアミエビ+グレパン(配合エサ)。結果は、スズキはノーバイト、グレは赤ちゃんグレが釣れたのみです。

翌日、8月6日には、前日の釣行で残ったエサを使って、大サビキ鈎や須磨ウキを使ってウキ流し釣りを試みました。第1釣台の真ん中らへんです。釣果はゼロ。コマセを撒くとサヨリの群れがやってきましたが、11時を過ぎるとパッタリと回遊が泊り、魚鑑賞会になりましたw 何を見たかと言うと、エイや何かの魚の群れ(30cm台の群れ)、イワシを追いかけるシイラなどさまざま。サバっぽいのも見えましたが、こっちに注意を引き付けることができませんでした。うーむ。午後からは垂水漁港にもちょこっと行って18時ぐらいまで釣りをしてみました。マリンピア東側と西波止とのワンド内で青イソメの房掛けでスズキ狙いです。結果は・・・・・。

ということで今週の釣行ではお持ち帰りナシです。以上です~。

8月12日から17日ぐらいまで実家(札幌)に帰省しますのでその間釣りにいければブログの更新をするかもしれません。ではでは。




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
159: by セリーン on 2006/08/10 at 14:48:31

先週の日曜日に職場の人と釣りに行ってきたよ。
2人で小あじが30匹、キス40匹、サヨリ4匹釣り上げました!
もちろん、私はしろうとです^^
にゃにゃおもがんばっ。

160:美浜の釣り場 by hiroz on 2006/08/11 at 19:02:12 (コメント編集)

ナナオさんお久しぶりです。ガンプラ製作ばかりの私ですが、6年前は中部地方で働いていた私は福井県の美浜あたりまで足を伸ばし、釣りをよくやっていました。そこで当時自分で満足した釣り場所をご紹介します。敦賀湾は美浜原発の先っちょ、そう今は大混雑の水晶浜の海岸をいけるところまでまっすぐに行きます。その行き着く先は白木港という港。その港の防波堤の最先端からジェット天秤のカレイキス仕掛け3針か2針のやつで投げますとこの時期白キスの25センチ級が釣れます。2時間で3匹ほど釣りました。その後その防波堤の対岸にもコンクリの防波堤があります。山側といえばわかるかな。漁船も停泊していますが、ここではオキアミをちょこちょこと撒餌し、カワハギウマズラを掛け針で引っ掛けられます。1時間で30匹はいけます。型のいいのだけ残してあとはポイでもいいし、お魚やさんに見せたら引き取ってくれることもあります。刺身の肝醤油でも最高にうまいです。小型グレも浮で釣れます。砂浜もあるし遊べるし、ここはお勧めですよ~^^

161: by にゃにゃお on 2006/08/11 at 22:56:26

>セリーン
なんか大げさにかいちまったけど、釣りにますますはまっていきそうな予感がします。釣れるから面白いし、釣れないからこそ次に釣れた時の喜びが大きい。それにしてもすごい釣果ですな。アジ30はいいとしてキス40とか普通にすごいねw 腕が筋肉痛になりそうだw

>hiroz
どもども。ご無沙汰しております。京都に住んでいると海までが遠い。瀬戸内はまだ交通の便が発達していて駅を降りるとすぐ釣り場!みたいなとこがたくさんあります。でも、釣り人が多い。その点、日本海側は水もキレイで人も少ないけど、交通の便は悪いかもしれない。次に住むとこは漁港の近くがいいなw

関西ではカワハギのことをハゲと呼ぶんですが、まだ釣ったことはありません。ハゲの仕掛って引っ掛けるやつですよね。水晶浜付近は一度行ってみたい釣り場であります。今度、車飛ばしていこうかな。

▼このエントリーにコメントを残す