ブログ内検索

プロフィール

にゃにゃお

Author:にゃにゃお

Twitter

OK掛け軸

最近の記事

最近のコメント

ナチュラム最新入荷情報

キャンプ入荷速報
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
134: by ろびそ on 2006/07/10 at 06:18:56

興奮して眠くないぜwwww

135: by にゃにゃお on 2006/07/10 at 06:22:25

仕事いきたくないなぁ・・・ま、休むと釣りいってまうだろうけどw

136: by かるろ on 2006/07/10 at 23:00:55

同僚と賭けをしていたのですが
見事に負けました。

ワールドカップのジダンの動きを見ていて
これはフランスの勝ちだろうと思っていたのに。

ツルピカとか言われて頭突きしたのだろうか・・・。
ジダンらしからぬプレーだと思った。

137: by にゃにゃお on 2006/07/11 at 22:37:19

>かるろさん
ジダンらしくないですよね。たぶんマテラッツィの挑発に乗せられてしまったんでしょうけど。欧州最優秀選手にも選ばれて、もうベテランの彼でさえあんな行動に走るんですから、きっとよほどムカついたんでしょう。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ドイツW杯

イタリア 1 vs 1 フランス
(PK 5対3)
 

イタリアがフランスをPK戦の末、これを制し、4度目の優勝を果たしました。本当におめでとう。他国の優勝が自分のことのように嬉しいのは初めてです。
イタリア優勝


ボール支配率はイタリアが優勢でしたね。しかし、フランスもディフェンスが硬いのでなかなかチャンスが訪れず、フランスが前半7分にアンリがイタリアゴール前で倒されてPKを獲得。ジダンが決めて先制。対するイタリアは前半19分にコーナーキックからマテラッツィがヘディングで決めて1-1の振り出しに。ここから膠着状態。延長戦に突入するも両者の疲れはピークに達している。延長後半5分にマテラッツィと言い合いになったジダンが頭突きをし、レッドカードで退場処分になる。しかし、時は既に大半を消化しており、両者とも何度かチャンスを作るも決定的なシーンはほとんどなかったですね。ジダンのヘディングもイタリア・キーパーのブッフォンに阻まれましたし。

PK戦では先攻イタリアが落ち着いて全員が決め、後攻フランスは2人目のトレセゲが失敗した。ゴールバーの左でしょうか、これに当たって弾かれましたね・・・ブッフォンの完全に逆を突いていたんですが。

お疲れ様でした両国ともに。ディフェンシブなチーム同士の戦いだけにPK戦にもつれ込むことは予想されましたね。イタリアは過去PK戦に何度も泣きました。思い起こせば12年前のアメリカW杯。ロビーが外したんです。この苦い経験があるからこそ、今、こうして優勝できるのでしょう。本当におめでとう。この後、イタリア国内では大変な試練が待ちうける者もいるだろうけど、またいい試合を見せてくれることでしょう。

まぁ、ジダン退場の件は当然の判断ですよね。フランス人サポーターも気持ちはわかるけどここはぐっとこれを堪えて欲しかった。悪いのはジダンですから。イタリアがボールを持つと、特にマテラッツィにブーイングを浴びせるのはかなり間違ってるね。何を言われたか知らないが、自分の最後の試合を自分で汚した人には退場しかないでしょう。いくらなんでも頭突きはいかんでしょう、頭突きはw
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
134: by ろびそ on 2006/07/10 at 06:18:56

興奮して眠くないぜwwww

135: by にゃにゃお on 2006/07/10 at 06:22:25

仕事いきたくないなぁ・・・ま、休むと釣りいってまうだろうけどw

136: by かるろ on 2006/07/10 at 23:00:55

同僚と賭けをしていたのですが
見事に負けました。

ワールドカップのジダンの動きを見ていて
これはフランスの勝ちだろうと思っていたのに。

ツルピカとか言われて頭突きしたのだろうか・・・。
ジダンらしからぬプレーだと思った。

137: by にゃにゃお on 2006/07/11 at 22:37:19

>かるろさん
ジダンらしくないですよね。たぶんマテラッツィの挑発に乗せられてしまったんでしょうけど。欧州最優秀選手にも選ばれて、もうベテランの彼でさえあんな行動に走るんですから、きっとよほどムカついたんでしょう。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。