ブログ内検索

プロフィール

にゃにゃお

Author:にゃにゃお

Twitter

OK掛け軸

最近の記事

最近のコメント

ナチュラム最新入荷情報

キャンプ入荷速報
RSS

ちとショックがでかい。W杯の優勝国はどこか?なんて予想よりもオラにとっては大きな話題。セリエAで八百長疑惑があったことは漠然としか知らなかったが、まさかここまで事が大きくなっているとは・・・・


この話題はひとまず置いといて、ちと、昔話に付き合ってくださいw

1994年、日本人として始めて三浦和良がセリエAの舞台に立った。そして同年12月、所属チームのジェノアvsサンプドリア戦で初ゴールを決める。このシーンは次のサイトでもまだ見れるようだ。

http://www.youtube.com/watch?v=kEvtn3n8R5g&search=%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC

この年のサッカーはW杯アメリカ大会もあって熱かった。セリエAにどんどんのめり込んでいった。当時はWOWOWで生放送を見てたと思う。残念ながらジェノアは弱小チームと言ってよかった。カズがチームから去るとジェノアの試合なんぞ見なくなった。そこで白と黒のストライプの入った、変わったユニホームのチームを応援するようになった。W杯の悲運の主人公、ロベルト・バッジオがこのチームにいたからだ。彼はブラジルとPK戦の末、ゴールの枠を外した。とにかく判官びいきは日本人の特徴のひとつと言って良いのではないだろうか。三国志の劉備元徳が好きであるように。彼が去ったあともユベントスというチームが好きだった。今も現役イタリア代表のデルピエーロ、カンナヴァーロ・・・・ユベントスというチームはオラにとって絶対の存在だったのだ。時は流れ、サッカーに昔ほどの興味がなくなった。ユベントスの試合もみなくなった。風の噂には優勝したとかしないとか・・・聞く程度だった。

Yahoo News より引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060623-00000020-mai-spo

イタリア・サッカー協会は22日、同国1部リーグ(セリエA)の不正疑惑で、今季王者のユベントス、2位ACミラン、4位フィオレンティナ、6位ラツィオの計4クラブについて、来週開かれる同協会のスポーツ裁判で審理すると発表した。裁定は7月7~9日に下される見通し。
 
同協会は個人名を明かさなかった。伊メディアなどによると、疑惑の中心人物とされるユベントスのモッジ前ゼネラルマネジャーをはじめ、カラーロ前伊サッカー協会会長、多数の審判員協会幹部と審判員の計26人も審理対象になっているとみられる。モッジ氏は審判員協会と共謀し、試合でユベントスに有利な判定を行わせた疑いが持たれている。
 伊メディアによると、裁定ではユベントスに対し2部リーグ(セリエB)以下への降格や2季連続優勝のはく奪など、厳しい処分が予想されている。

おいおい。最悪の場合、処分が二部降格とはすさまじいな。でも、こういうときこそ元ファンとしては応援するべきなのかもしれない。スカパーでも見るか~。でも二部だと試合の放送もないね(・◇・)
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
124: by ろびそ on 2006/06/30 at 13:31:41

お久しぶりー。
大変なことになってるよねー。ユーべは当初Cまで降格もあるとか出てたけど…。
高額選手の放出の噂もあるし、どこまでこじれるやら…。

そんな私はミラニスタ。降格はなさそうなので一安心してまふ。CLが出られなくなりそうらしいけど、降格に比べればまだマシだなぁ…。

125: by にゃにゃお on 2006/06/30 at 19:27:28

>ろびそ
ご無沙汰しておりますw

うーむ、もし黒であれば、この事件の首謀者はユベントスなので降格よりも軽い処分はないだろうね。なによりもまじめにやってきた選手達やファンがかわいそうだなぁ。どちらにしてもあと1週間ぐらいで結論は出るらしいので、それを見守ることにします。こんな八百長をしないと勝てないチームじゃないと思うんだけどねぇ・・・・。

▼このエントリーにコメントを残す