ブログ内検索

プロフィール

にゃにゃお

Author:にゃにゃお

Twitter

OK掛け軸

最近の記事

最近のコメント

ナチュラム最新入荷情報

キャンプ入荷速報
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
104:わらしべ長者 by 兵庫のおばさん on 2006/06/11 at 22:20:10

フジツボが、、、化けなかったのですね。
あー。つれてってほしい!

105: by にゃにゃお on 2006/06/11 at 22:31:16

誰かと思ったよw
須磨か垂水あたりだと近いからいこうぜ。

106: by くら on 2006/06/11 at 23:05:50

バジさんすごいね。
さばけるのがすごいね。
クラはバス釣りと岩魚釣りしかできない&さばけないよ。
海釣りすごく興味あるよ!
今度福島に来て教えてくれv

107: by にゃにゃお on 2006/06/12 at 19:20:02

板前さんみたく裁くのはむずいね確かに。でも素人なんで基本は、鱗削ぎ落として、内臓取ってしまえばほぼ終了。3枚おろしって要するに中骨部分と両側の身の部分を分けるだけだから。このくらいのサイズの魚は骨も揚げてやればせんべいみたいにパリパリ食えるからいいよ。頭を揚げて食うにはもう少し小さ目が良いね。

今回は盛り付けの写真載せられなかったのは、あんまり奇麗じゃないのと、腹減ってて作ったそばからすぐ食ってしまったからさw

▼このエントリーにコメントを残す

   

若狭湾釣行その3

 若狭湾釣行第3回、美浜・三方五湖周辺に行って参りました。今回は電車・バス乗り継いで。敦賀駅から早瀬までバス代が800円超・・・しかし、小浜線・東舞鶴行きが10時40分までないため、時間的なロスを避けるためにやむなし。始発のサンダーバードでもこれかよ。ま、いいとしようw

 早瀬港に着いて早速竿出し。一番外側の防波堤の先端では親子がアジとかアイナメあたりを釣っているようだった。しかし、今回の最大の目的であるスズキの姿は皆無である。やはり、もう10時過ぎ・・・時合いがずれているのか。まぁ、仕方ない・・・こちらもエサの準備が出来ていない。電車などを乗り継いで、田舎の釣り場へ行く場合の最大の問題はエサの確保である。車ならひとっ走りすれば、釣りエサぐらい手に入るであろうが、少なくともこの周辺で歩いて行ける距離にはないらしい。ならば、自前で調達するしかない。まず、そこら辺のテトラに付着しているフジツボを何枚かはがし、これをエサに穴釣りを開始。食われる気配なし。そこで作戦変更し、フジツボをエサにカニを釣る。そのカニをエサに今度はチヌなんか落とし込みで狙ってみたり・・・。でも、にわか作りの落とし込みじゃなかなかうまくいかず。お昼まで粘ってみたが、ノーバイト。

 お昼からはエサ屋を求めて移動開始。実は今夜の宿に泊まる前、宿の人に釣りエサ屋さんの位置は確認していたのだけど、行ったら虫エサは売り切れだったのだ・・・。船釣り屋さんも兼ねているからそちらにエサを回しているのだろうか。とにかく冷凍オキアミだけ買って、JR美浜駅の方角に向かってみた。エサ屋らしき影も見えず、なんと和田海水浴場まで歩いてしまったよ。虫エサは途中で諦めたさ。和田の漁港らしきところまで行くと、防波堤と磯場が合体したような、両方の釣りが楽しめる場所を発見。ラフな格好でファミリーがサビキをして楽しんでいるすぐ向こう側ではグレ・チヌ狙いの完全武装のオッサンらがいる不思議な場所です。
和田漁港 テトラと磯場

この写真を取った防波堤から藻場をめがけてオキアミ投下。極小ハゼやらガッシーやらが釣れる。とりあえずボウズは免れたけど、獲物が小さい・・・。磯の方を眺めると、防波堤との間にテトラ帯がいくつか点在している。その穴にオキアミを投下してみると・・・・グイ!キター!ということでやっぱりいましたホイ。15cm以下だけど、ソイが数匹釣れました。他の穴をいろいろ探っていると、突然、すごい引きの強さに竿先がぐにゃりとしなる。ドラグ音を響かせながら、巻き巻き~♪ でました18cmメバルちゃん。

メバル


 とりあえず良型が釣れたので17時ごろ撤収。ちなみにこの穴にはもう同等の大きさのメバルはいませんでした。彼がキングだったのでしょうか。またえっちらおっちら歩いて早瀬まで戻る。このあたりの砂浜が続くのでゴカイさえあればキス釣りもできたのになぁ。ジェット天秤も今回は持ってきたのに。また、夜に備えて宿で休憩。疲れたよ。そういえば、穴釣りに夢中になっている頃、人のかばんから大事な食料を盗み食いしたやつがいます。犯人はカラス・・・。これはあとで宿の部屋で撮った写真だけど、キレイに袋を開けて中のナビスコRITZが食われていました。2袋あって4分の1ぐらいをつつかれたようでw
カラスの野郎の仕業ですw
素泊まりなんだから晩飯はこれしかないと言うのにw

 そして夜からは久々子湖と早瀬漁港を結ぶ水路の湖側の方から、電気ウキを使って仕掛を流します。青イソメがあればのう・・・。仕方なく、オキアミでがんばるものの釣果なし。朝マズメを狙って23時ごろには撤収しました。翌朝6時ごろから、同じ場所で棒ウキを使って流すとアタリが。しかし、表層にたまに浮いてくる魚影が・・・・こいつは・・・・クサフグだ。

クサフグ
獲物はアレだけど、ウキ流し釣りって面白いね。須磨で須磨ウキでも使って練習したいな。

 フグしかいないので場所を日向漁港に移すも、波が高いのと穴釣りの獲物が小さかったので戦意喪失。11時ごろには納竿しました。例のメバルは家に帰ってから3枚下ろしにして(下の写真)、腹骨、背骨、尾ヒレ、皮をカラ揚げに。頭と内臓はアラのお吸い物に。キモと身は刺身にして堪能しました。余すところないねほんとに。ごちそうさまでした(-人-)
メバル3枚おろし

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
104:わらしべ長者 by 兵庫のおばさん on 2006/06/11 at 22:20:10

フジツボが、、、化けなかったのですね。
あー。つれてってほしい!

105: by にゃにゃお on 2006/06/11 at 22:31:16

誰かと思ったよw
須磨か垂水あたりだと近いからいこうぜ。

106: by くら on 2006/06/11 at 23:05:50

バジさんすごいね。
さばけるのがすごいね。
クラはバス釣りと岩魚釣りしかできない&さばけないよ。
海釣りすごく興味あるよ!
今度福島に来て教えてくれv

107: by にゃにゃお on 2006/06/12 at 19:20:02

板前さんみたく裁くのはむずいね確かに。でも素人なんで基本は、鱗削ぎ落として、内臓取ってしまえばほぼ終了。3枚おろしって要するに中骨部分と両側の身の部分を分けるだけだから。このくらいのサイズの魚は骨も揚げてやればせんべいみたいにパリパリ食えるからいいよ。頭を揚げて食うにはもう少し小さ目が良いね。

今回は盛り付けの写真載せられなかったのは、あんまり奇麗じゃないのと、腹減ってて作ったそばからすぐ食ってしまったからさw

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。