ブログ内検索

プロフィール

にゃにゃお

Author:にゃにゃお

Twitter

OK掛け軸

最近の記事

最近のコメント

ナチュラム最新入荷情報

キャンプ入荷速報
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
97:重油回収じゃー by Serene Ray on 2006/05/23 at 22:29:26

実は、私はそこで重油回収のボランティアをしてました!綺麗になったんだね。よかった^^

98: by にゃにゃお on 2006/05/24 at 21:52:12

岩の隙間とかにこびりついた重油はスプーンでひとつひとつ丁寧に取っていったんだとか聞きました。ボランティアの人たちは重油を少なからず体内に取り込んでしまう危険を冒しながらその地道な作業をこなしていったおかげで、今、こうして楽しく釣りができます。釣り人は普段そのことを忘れがちだけど、感謝しないといけないね。だから、いつまでも釣りができるように、釣り場をキレイに保ちたいよね。これからは自分のはもちろん、他の釣り人が出したゴミでも、なるべく片付けるように心がけます。

▼このエントリーにコメントを残す

   

若狭湾釣行その1

 若狭湾・敦賀新港のすぐそばにある鞠山海岸にいって参りました。ちょっと脱線するけど、1997年1月、何が起こったか覚えている人はいるだろうか。地元の人間ならもちろん、日本人なら”ナホトカ号”と言えば思い出すだろう。ロシア船籍の重油タンカーが座礁・沈没して原油流出、海が汚染されました。このあたり一帯が黒い海に。あれからおよそ10年が経過し、今は水産資源の豊富な透明度の高い海に戻っております。今回は、若狭湾が今年度のホームグラウンドとして相応しいか否かの調査が目的です。風景撮ってくりゃよかったね。釣りに夢中になってたw

 今回初の試みとして、ウキ釣りに挑戦してみました。ウキ釣りは”潮を読む”必要があり、非常に難しく実に奥の深い釣法です。まず、コマセ(撒き餌のこと)が必須ですし、タナ(餌・仕掛の海面もしくは海底からの位置と言えばイメージできるだろうか)の深さを考えなくてはなりません。タナと潮を読み、コマセを打つ・・・・普段から置き竿メインのオラとしては、何がなにやらさっぱりと言った感じで、結局置き竿になってしまいました。コマセのタイミングやタナ取りをこまめに調整するべきなんでしょうね。ほんとは。

 結局、ウキ釣りは素人には難しく釣果はありませんでした。これとは別にメバルなどの根魚狙いで足元に落としていた8.6フィートの竿にアタリがあるようなので、ミニジングヘッド+虫餌をつけて釣ってみました。

14cmほどのメバルちゃん。相変わらず黒いかわいい大きなおめめをしております。w
メバル


10cm未満のアイナメ君
小アイナメ


サイズの参考に10円玉でもよかったんですが、見栄張って100円にしてみたw調査が目的なので今回は2匹ともリリース。まぁこんな感じでした。ウキ釣りについては今後改善する余地がまだまだあります。一朝一夕にはいきませんな。

 今、このあたり一帯の砂地の海岸ではキスが釣れているようです。鞠山だけでなく、気比海岸でも20cmクラスが釣れるんだとか。今度は投げで狙ってみよう。もうひとつのの目的としてはセイゴ(スズキの幼魚)を夜のウキ釣りで狙うというのがありましたが、こちらはぜんぜん駄目でした。情報集めてますが、まだ早いようでこの辺では釣れていないようでした。どなたか若狭湾でセイゴの情報もっている方がいたら教えてください。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
97:重油回収じゃー by Serene Ray on 2006/05/23 at 22:29:26

実は、私はそこで重油回収のボランティアをしてました!綺麗になったんだね。よかった^^

98: by にゃにゃお on 2006/05/24 at 21:52:12

岩の隙間とかにこびりついた重油はスプーンでひとつひとつ丁寧に取っていったんだとか聞きました。ボランティアの人たちは重油を少なからず体内に取り込んでしまう危険を冒しながらその地道な作業をこなしていったおかげで、今、こうして楽しく釣りができます。釣り人は普段そのことを忘れがちだけど、感謝しないといけないね。だから、いつまでも釣りができるように、釣り場をキレイに保ちたいよね。これからは自分のはもちろん、他の釣り人が出したゴミでも、なるべく片付けるように心がけます。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。