ブログ内検索

プロフィール

にゃにゃお

Author:にゃにゃお

Twitter

OK掛け軸

最近の記事

最近のコメント

ナチュラム最新入荷情報

キャンプ入荷速報
RSS

日本惜敗!!

惜しかった日本!!



今回もボール支配率では負けていたものの、それを運動量でカバーするという作戦は、まだまだ技術力の乏しい日本として有効だったと思う。前回のW杯では、日本の戦い方の中核となるものが恐らくは見られなかった。今回、負けはしたけど、前回、さらに言うならば前々回の大会よりもかなり進歩したと言って良いだろう。個人的には前回大会は、若干後退してたと思っているので、前々回の日韓共催のときが判断基準となっている。


みんなよくがんばった。点は取れなかったけど、最後のPKでは祈った。これまでW杯でそこまでするチャンスもなかった。パラグアイは世界ランキングから言っても日本の数段格上。あのブラジル、アルゼンチン相手に揉まれてきてる。そんな相手に延長戦を含めてゴールを許さず、PKまで持ち込んだ。


これは大きな自信になると言って良い。だから日本代表は胸を張って帰国するべきある。日本代表選手たちは、これからはまずは休養をちゃんと取って、それぞれの進むべき道をひた走れば良い。

今はとにかくお疲れ様でした!!と言いたい。 



今大会ではイタリア・フランスなどの強豪国(前回、優勝、準優勝コンビ)が次々と1次リーグで姿を消すという大波乱となった。イタリアもフランスもともに優勝経験国。そんな国でさえいとも簡単に敗退する。イタリアやフランスファンはPKでやきもきすることすら出来ない。それよか日本のほうがよっぽど良い試合っぷりだったでしょ??



イタリアの代表監督(マルチェロ・リッピ)は最初にこう言った。


「すべては責任は私にある。」


上に立つ者はこうでなければならない。チームの事情がどうであれ負ければ指揮官の責任。この言葉の重みを今の政治家や会社の経営陣にも感じてほしい。岡田監督は自分の責務を理解し結果を残した。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す