ブログ内検索

プロフィール

にゃにゃお

Author:にゃにゃお

Twitter

OK掛け軸

最近の記事

最近のコメント

ナチュラム最新入荷情報

キャンプ入荷速報
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

過去の経験(失敗)から学ぼう

無謀にも前回釣行で挑んだ伊豆半島エギング。結果はご存知のとおり洗礼を受けてしまった。で、何が悪かったのか。エギングをはじめたのは今年に入ってからで、昨年、一昨年の状況も知らなければそのエギング経験も少ないオラが考えてみる。

エギング専門誌を見ていたり経験豊富な方には当たり前なことかもしれないが、晩秋のアオリイカのパターンとしては浅場(シャロー)から深場(ディープ)に落ちる。アオリイカの最低適正水温が18℃くらいとすれば極端な話であるが冬でもそれ以下にならない限りおかっぱりで狙える距離にいるのではないか? 時期が下れば下るほどディープに落ちるのならば出来るだけ遠くに投げる必要がある。また、新子のサイズがアップしていって大きくなれば、だんだん生まれたシャローを離れて潮に乗って回遊するようになるため、やはり外海側にいるようになる。(と思われる) 水温計でも持っていって測ろうかな? とは言え、アオリイカの産卵期にも幅があるため遅生まれの新子が漁港内にも居ると思われるが基本的にサイズアップは望めないかもしれないし、そもそも数もそれほど多くないかもしれない。

では、ディープレンジにいるアオリをどのように狙うか。それは、ディープが近いシャローエリアで回遊待ちをする。なるべく潮通しの良い所。10m-20m先で急激に深くなっている場所などがあれば期待は持てる。また、シャクリのパターンとしては、初秋の頃とは違い少々スローに動かすといいかもしれない。キャスト後すぐは底を取るが根掛かりを嫌ってだんだんとエギが浮いてきて結果的にイカが追いきれずに戻ってしまう。これを繰り返すとスレてキャストすればするほど釣れないという結果に・・・。

これが、先日の伊豆半島エギングのパターンだとすればつじつまは合う。もちろんたまたまかもしれないし、確かめるためには上で述べたことを試してみるしかないのである。まぁ上で述べたことは、とある雑誌で述べられていたことなんですけどねw つまり、教科書レベル的なことであって、これを如何に自分の経験とすり合せ刻々と変化する海の状況に合わせていくか。神戸周辺でアオリイカがおよそどのくらいの時期まで釣れるか、それはこれから確かめないといけない。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。