ブログ内検索

プロフィール

にゃにゃお

Author:にゃにゃお

Twitter

OK掛け軸

最近の記事

最近のコメント

ナチュラム最新入荷情報

キャンプ入荷速報
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

シイラの姿・・・

和歌山遠征・由良、小浦、沖の一文字、加太いってきました。

初日(7月29日)

例によって9時ごろレンタカーで出発し、由良港到着が夕マズメ前の15時ごろ。橋の下に釣りが出来そうなスペースがありましたので少し物色しながら様子見。しばらく見ていると、小魚の群れが回っています。イワシでしょうか。
シーバスおらんかなと思って見ていたのですが、16時半ごろでしょうか、いきなり、「ボコッ!ズボッ!」と音がし始めます。最初はボラかと思いましたが、「これは違う、シーバスだ!」というささやきの元、しばしワインド連発・・・・しかし、カラーチェンジ4色くらいでも反応なし。久々のワインドでずいぶん感覚が狂ってました。あのライズというかボイルの仕方はシーバスだと思ったんですけどね・・・。その後、遠くの方でボラのお祭りが始まりまして、盛んに跳ねていました。アジングもちょこっと試みますが、ワームをスイミングさせるとショートバイトはありますが、フッキングしません。そんな事を繰り返しながら日が暮れます。蚊に刺されて痒いw

で、次の日のメインとなります、小浦・沖一文字の渡船をしていただく照ちゃん渡船さんのお店前に移動。と思ったのですが、ちょっとというか大分迷いまして、日高港までいったり・・・また由良付近まで戻ったり・・・やっと発見したのが11時頃、お店は当然閉まってますが、すぐ目の前の漁港で小アジもしくは小サバが騒いでいたので、またまた1時間くらいアジングw ここでもショートバイトをものに出来ず1尾もゲットできません。やはり真剣にトレーラーフック取り付けを考えるかな・・・0時ごろ眠くなってきたの車で就寝。

翌日(7月30日)
2時くらいに起きて、コンビニまで買い物に行き3時ごろ着きますが、もう一番船が出るところでして、次の船に乗ることに。タックルの準備をしつつ、まだ見ぬ釣り場と獲物に、期待と不安を・・・・ぶっちゃけ沖の一文字に着いた時には、「えらいところに来てしまったな」という感じでした。武庫一の渡船の感覚からするとかなり遠く感じますし、また、夜暗いのと船には船長を除けばオラともう一人・・・。そのお一人は途中の磯でまだ暗い中降りていきました・・・。ショボーンw

とりあえず、沖の一文字の北端側に降ろしてもらいます。そこも平日だというのに結構な人が。とりあえず話し掛けて情報収集。やはり狙いはシイラなのだとか。また、朝方にタチウオが回ってくるらしく、オラの回りはルアー2人、エサ2人くらいでした。すると4時半くらいでしょうか、エサの方が1匹あげます、それを見たルアーマンが早速キャスト開始、隣りのルアーにーちゃんが1、2、3・・・・6くらい上げてましたw 思わず、「ルアー何使ってます?」と聞いてしまいましたw

すると丁寧に教えてくれて、バイブレーションで底を取ってから普通に巻くとのことでしたので、オラはバイブレーションではなくメタルジグ(ギャロップ30g・ホロ/ブルーバック)をキャスト。すると、もっと激しいバイトを期待していたのに、少しプルプルする程度でした。この時期、タチウオのサイズが小さいのに加えて、使用したロッドが、ジャクソン(Jackson)LaCosta LC-1082でして、このぐらいのロッドになると今の時期の華奢なタチウオでは、「ん?」という感じですw

ですが、このLC-1082での初エモノです。見てください、この牙モノ。
ルアーでタチウオ


かなりピンぼけしてますね。w こいつで2匹目なのですがなんせタチウオの時合いは短く、30分から1時間くらいだと思います。この後、5時過ぎ頃には急速にアタリも遠のき、周囲も明るくなってきましたのでタッチータイム終了。ここからワインドに変更して、シイラトップゲームと・・・言う事なのですが、なにせ寒い。30日の最高気温は30℃超とのことでしたが、実際は雲っておりかなり寒い・・・。Tシャツ、短パンのオラとしては、ライフジャケットだけが頼りです。ずっと着てました真夏なのにw ずーっとアタリもなく・・・。しかし、撤収しようかと悩んでいた正午頃、ワインドをやめて撃墜王をキャストし早巻きをしていたところ、突然、ジグの向こうから、ゆらゆらと魚影が・・・。「シイラだ!」と思わず叫んでましたw しかし、シイラは反転しまた視界から消えてゆきます。この後、パッタリとアタリもなく。後で聞けば南端の方でよく釣れていたのだとか。小型が多いそうですがそれでも40cmくらいあるはずです。ちなみにオラが見たのは緑色と黄色したやつでした。

このちょこっと前に「ワインドの達人」とおぼしき人とお話していたのですが、ワインドを目の前でやって頂いて、少しわかったことがあります。それは自分のやり方で合っているかどうか。と言っても、ワインドは人それぞれ違いますから、なかなか達人の真似はできませんが、パズルが一つはまったと言いますか・・・例えて言うなら「キン肉マン」が必殺技のマッスルスパークを完成させるのに、アタルの持っていたイメージと合わさり・・・完成した!みたいな・・・。

余計、わかりにくいですねw

まぁそんなイメージです。(爆)

緑黄色のシイラ(♂だと思いますが)はジグ、ピンテール、ポッパーといったルアーに反応することが薄く、ワインドならバッチリだZe!と、おっしゃっていましたので、ワインド精進します。ありがとうございました。

その後、冷たい小雨が降ってきたので2時撤収しました。照ちゃん渡船の30日の釣果を見ると、結構あがってますね。緑黄色もしっかりと。少なくとも北端側では見てないので、やはり南側が良かったのかもしれません。

小浦・沖の一文字


どっと疲れが出てきてもっと南が良いかなと思いましたが、和歌山といえばあそこしかない!ということで加太まで移動しまして、(実に1年と3ヶ月ぶり)到着したのは夜の9時ごろですが、常夜灯回りで例によってアジング開始w 一度、フッキングしたのですが結び目が弱かったのか外れてしまいました。w 次にようやく上げたのが小サバ。ざわついていたのはこいつだったのです。

小サバ(メタルジグではないですw)


サイズは22cm程度で、一度陸に挙げてしまったのでお持ち帰り。あとで食います。

最終日(7月31日)

加太・大波止



加太再びということで。天気もよく夏休みということもあって人も多いです。昨日はタチウオが結構釣れていたそうで、キャストするスペースもなかったとのことです。しかし、この場所は地元のオッチャンが多くて糸フケまくりなのでルアーをするには不向きかもしれません。深夜ならば空くでしょうが、最近真夜中の釣りは常夜灯回りしか考えてませんで・・・。さて、ここでは朝からワインド、メタルジグなど投げまくりましたが反応なし、たまに小サバがメタルジグを追って来る程度です。w 9時ごろになり暑いので早々に撤収しました。デカサバもその他の青物も少ないそうです。ワインドの達人もそんなこと言ってました。

残念ながらシイラは釣れなかったものの、メタルジグにチェイスしてきましたし、タチウオをルアーで釣りました。LC-1082には物足りないエモノでしたが、ソルトデビューさせることができました。沖の一文字には夏の間にもう一度か二度行こうかなと思ってます。

今回の釣行で使用したジグ、ロッド。

ジャクソン(Jackson) ギャロップ キャスティング 30g ホロ/ブルーバック2





ジャクソン(Jackson) LaCosta LC-1082



17-70gまでのルアーをフルキャストできます。シイラを実際釣ってないのですが、優れたバットパワーと遠投性を備えてますのでショアからのジグキャスティングでは他の青物にもまず負けないでしょう。ただし、ワインドするには不向き・・・と言いますか、たぶん腕が持たないと思いますので、オラもワインドには別ロッドを使ってます。

そして、シイラをチェイスさせたうまそうなジグは、
アクアウェイブの撃墜王BL/PK40gです。写真は60gでして色は一番上の奴です。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。