ブログ内検索

プロフィール

にゃにゃお

Author:にゃにゃお

Twitter

OK掛け軸

最近の記事

最近のコメント

ナチュラム最新入荷情報

キャンプ入荷速報
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
by ラインへの思い on 2007/08/11 at 18:09:27

JBプロの立場、経験からこの商品を伝えます!現在たくさんのラインが発売されていますが私はBNSを多用しています!何故かと言うとどんなラインでもバスには見えているのでバスの個体数の減少、アングラーによるハイプレッシャー化!こういう状態の中でトーナメントで勝つ為

トラックバック送信先 :
コメント
286: by たけし on 2007/06/04 at 21:21:26

大損害でしたねぇ・・・。そういう時ありますよ。磯竿を初回使用時に強風で糸絡みしているのに気づかずに巻き込んでポキっと折れました。(涙)

 ショックだったのが、中古で購入した玉の柄が折れた事も有りましたが・・修理費用に2万円オーバー掛かる為に断念した苦い思い出もあります。釣りで損した分は釣りで取り返しましょう!!でも、タモ入れは無難にされた方が良いですよ^^

287: by にゃにゃお on 2007/06/04 at 21:36:51

はい。次から横着せずにタモ使うことにします・・・

前日に抜き上げたサゴシ君と同じサイズだったので
たかをくくってました。あのサゴシ君きっといまごろ
プカプカ浮いてるかもしれませんねぇ・・・
サカナにも悪いことしてしまいました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

日本海サゴシチャレンジ4

まずはじめにお断りを。デジカメ持ってくの忘れた。

なので、映像はなく音声(文章)だけでお楽しみください。w 後でデジカメで撮った何らかの写真が載るかもしれません。

いつものごとく12時-12時釣行。場所は敦賀サゴシP。現地着は6月2日12時。お昼時である。朝方から詰め掛けていたであろう多数のジギンガーの大半は帰り、残っているのは数人のジギンガーとサビキストのおっちゃんだけである。

とりあえず気を楽にして、数は望めないが、50cmくらいのサゴシ君ならばポツポツ釣れているらしい。それを示すかのように血抜きの後はまばらだ。

オラも早速ファーストキャスト。一投目で来ないかな~という淡い期待は見事に打ち砕かれ、さらに数時間。

14時半ごろ待望のヒット!!! 

なんとか取り込めたのは

52cmサゴシ君。
地味にサイズアップ


南風やや強めの中、内向き(南向き)でヒットしたため素直に嬉しかった。風が強くては飛距離がいまいち出ないのであるが、とりあえずジグをキャストできる範囲内にはサゴシはいるということだ。タックルはいつものワインドタックルではなく。以下のものを使っている。

ロッド:ダイワ ネオバーサル 1002MLFS
リール:シマノ ナビ 4000
ライン:バークレイ ファイアーライン 25lb(2.5号相当)
リーダー:バリバス フロロカーボン25lb+ワイヤーリーダー(イシナダ釣工業形状記憶合金0.3mmφ+ヨーズリダブルスリーブ)
ルアー:ジャクソン ギャロップ ホロピンク30g

ジグのフックはリアフックにトレブルフックと頭の方にバリバスのシングルフックを装着。幸先いいスタートを切ったが、この後パッタリとアタリが途絶える・・・一時間後、バイト!!ですが、こっちがジグを回収しようとして、ロッドテンションを抜いていたため、途中で痛恨のバラシ・・・orz) 思えばこれが運の尽きだったのかもしれない。この後、数度のバイトあるも全て乗らず・・・当然ナブラもなく終了。今日は様子見だから時合いがとっくに過ぎた時間に一匹ゲットしたことは満足すべきと自分に言い聞かせる。

翌、6月3日

朝3時半ごろに先端へ向かうも既にジギンガー達でいっぱいだった。

この日、オラの釣り史上最悪の損害を出すことになる・・・。

なぜワインドタックルを使っていないのか気になる人もいるかもしれない。それは、ワインドタックルのメインラインであるバークレイ ファイヤーライン(1.5号)が、かなりササクレだっていることを発見。これでは「大物が来た時にラインブレイクの危険性がある」と予感し、別タックルを用意した。(ラインの張替えが間に合わなかったのよ。まだ大丈夫だと思っていたのに)リールは最近購入したシマノ製のナビ。これの性能を試してみたかったのである。これと思い入れ深い、ダイワの2ピースルアーロッド ネオバーサル。このコンビに仕事をさせたかった。いや、この組み合わせでなんとしても釣りたかったのだ。

ラインもジグのウエイトもネオバーサルのスペック的にはオーバーしているが問題ない。むしろ風対策のために持ってきた、飛距離重視の10ft.ロッドという選択で正解だった。朝一番は外向き、内向きでポツポツと上がっているが、オラには来ない。だが、突然やってくるサゴシ君に備えて黙々とキャストを繰り返す。

そして待望のヒット!6時半ごろだろうか。しかし、乗らずorz 次にヒットしたのは8時半を回り、9時近く。これもジグを回収しようとしたところを、サゴシ君にゲットされた様子。今度は、ロッドのテンションを緩めていない。大丈夫だ。さぁ、抜き上げ!! ・・・・・・

バキッ!!! 

何番目のガイドか忘れたが、そこからポッキリ。と、そのショックで、ラインが切れた模様・・・・ジグをくわえたままどこかに泳いでいくサゴシ君・・・スマン。

ここでロッドも折れたが心も折れかけた・・・。

しかし、ロッド折れたのにノーフィッシュでは帰れない。昨日の分は昨日の分である。

ワインドタックルに替えて再び闘志を燃やし・・・。天はそんなオラをあざ笑うかのようにそれまで微風だった南風が強風変わり始めていた。キャスト⇒ライントラブル⇒リーダー組みなおしのサイクルを2回やって、やぶれかぶれに外向きにキャストすると、3度目のトラブル、ジグごとどこかへ吹っ飛んでいきました・・・。帰ろう・・・・条件がよければ14時までの予定でしたが12時ちょっと前に納竿というか逃げるように帰った。

ロッドパーツ取り寄せ (たぶん7450円)
ジグ(ギャロップ30gピンク、青イワシ、20g青、アムズデザインGUN吉28g赤金)の合計4個ロスト

ロッドは購入した値段の7割程度、それと買ったばかりの30gギャロップ君を失ったのが痛すぎる・・・

当然、来週リベンジだろう
トラックバック
by ラインへの思い on 2007/08/11 at 18:09:27

JBプロの立場、経験からこの商品を伝えます!現在たくさんのラインが発売されていますが私はBNSを多用しています!何故かと言うとどんなラインでもバスには見えているのでバスの個体数の減少、アングラーによるハイプレッシャー化!こういう状態の中でトーナメントで勝つ為

トラックバック送信先 :
コメント
286: by たけし on 2007/06/04 at 21:21:26

大損害でしたねぇ・・・。そういう時ありますよ。磯竿を初回使用時に強風で糸絡みしているのに気づかずに巻き込んでポキっと折れました。(涙)

 ショックだったのが、中古で購入した玉の柄が折れた事も有りましたが・・修理費用に2万円オーバー掛かる為に断念した苦い思い出もあります。釣りで損した分は釣りで取り返しましょう!!でも、タモ入れは無難にされた方が良いですよ^^

287: by にゃにゃお on 2007/06/04 at 21:36:51

はい。次から横着せずにタモ使うことにします・・・

前日に抜き上げたサゴシ君と同じサイズだったので
たかをくくってました。あのサゴシ君きっといまごろ
プカプカ浮いてるかもしれませんねぇ・・・
サカナにも悪いことしてしまいました。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。