ブログ内検索

プロフィール

にゃにゃお

Author:にゃにゃお

Twitter

OK掛け軸

最近の記事

最近のコメント

ナチュラム最新入荷情報

キャンプ入荷速報
RSS

翼港にて野宿釣行

【えーっと・・・】

やらかしました。ボーズではありませんが、狙いのもの2魚種ほど0ですw

さて、今回、26日、27日の天気もいいとの予報で、最低気温16℃ほどですので一日中外で過ごしても平気です。気持ちよく野宿ってきました。

まず、様子見の26日。電車内から見える天気は曇りで、それほど気温は上がらないかも と考えてました。しかし、8時ごろより晴れ間が差してきまして、お昼頃にはすっかり快晴!! しかも、暑い・・・。もう昼は真夏です。

土日となれば、ファミリーや多数のプレジャーボートなどが寄港するためか人多いです。オラは事務所横の外向き釣り台に陣取り、早速キャスト開始。何をするかって? シーバス狙いのワインドです。様子見と言え、本気ですw 周りはグレ狙いの釣り人さん達が多数、浮き仕掛と巾(ハバ)海苔で狙っていました。オラは黙々とキャストを続けます。時折、ジグに変更してみますが、全く魚信なし。昼過ぎには暑くてへばりましたので、内向きでサビキしながら休憩。しかし、ここにいるのは小魚やオセン(スズメダイ)だけです。15時ごろまた同じ外向き釣り台に戻ります。

ここで、何かはわかりませんが、小魚が追われいるようで、いきなり海面が不規則にしかも多数ナブラが出ます。アドレナリンは体を駆け巡り、ジグをキャスト!!! しかし、反応なくそのうちナブラも消えてしまいました。なんだったのだろう。ま、気のせいと言う事で、その後夕マズメから日没後1時間ぐらいまで粘りましたが、ノーバイトでした。実はこの後も場所を南側に移し、休みながら深夜まで続けてますが、小魚ボイルなどもなく。気候が良いとは言っても、夜は寒いので動いてた方がいいのですw

さて、狙いのもう一魚種とはサバ様です。サビキで食い渋った場合に備えてオキアミMサイズも持ってきました。これを際に落とし込んで見ると、コンコン・・・グ-ッっという感じで釣れました。16cmほどのメバル君です。

メバル


小さいのでリリース。ま、たまには癒されないとねw 夜でもかなり人がいまして、虫エサでメバル・ガシラ(カサゴ)狙いの方が多数来られてました。20cmくらいの良型メバル釣れてるみたいでした。

翌日、朝から天気も良く暑くなりそうな予感です。

夜明け


携帯でタイドグラフを見ると満潮は4時ごろ。昨日もこの日も長潮、若潮と満潮時の潮位が低く、回遊性の魚を釣るには条件が悪いかもしれません。ですが、26日、なんと「内向きでサバが釣れてたよ」と管理人さん。 なぬー!!! 釣れていた場所に行って見ると、血抜きしたっぽい新しい血の痕跡がありました。昨日釣れているなら今日だってチャンスがあるはずだ!!26日に釣れていたのはなんと昼前と言う時間らしいです。サシエはオキアミで、下カゴにアミエビ詰めて釣っておられたとのこと。血痕の周りにはサシエとアミエビがありますね・・・・。

とにかく、タイドグラフにあった満潮・干潮を意識し、時計とにらめっこしながら、お昼前、お昼前と念仏のようにとなえながら、遠投サビキしてました。テンビン着き下カゴなのでサシエ付きです。しかし、打ち返せども打ち返せども反応無し。それどころか、スズメダイやアジさえもいません。12時頃、敗戦を認めましたw 

ところでこの場所、内向きなので大潮でもそれほど流れは無く、この日は若潮で潮位も低いため際では底が見えてました。しかし、フカセ釣行のアングラーには人気があるのか、あとからあとから入って来ます。オラが最初で、その後、チヌ狙いのおっちゃん、グレ狙いのおっちゃん。右隣にはファミリー(おじいちゃんと孫)。これでいっぱいのハズなのですが、何故か後ろをウロウロする2人組のオッサン。このオッサン2番目に来た人と3番目に来た人の間に強引に割って入ります。すると最初に来た人が気分を害したのか帰っていかれました。フカセの人はある程度釣り座にスペース必要でしょうね。ファミリーで来ていた人らが、コブダイ、チヌ、ボラなど釣ってました。孫の方のボラのサイズを測ってあげましたw 55cmでした。

これで終わりなのですが、夕方からアジが釣れるかもしれないとの事ですので狙ってみました。サバが釣れないので大量にアミエビが残ってましたので、捨てるのもなんだか・・・ねぇ。このアジはムロアジという種類だと思われますが、オラは昨年の秋頃大量に釣ったやつだと思います。アジにしては体躯が大きく、20cmほどあります。翼港では内向きで釣れる事が多く、しかも浅めの際付近まで入り込んできます。底にはいないようで、1-2ヒロのところで釣れます。数は釣れる季節ではないですが、釣り人の心を癒すアジ君ですw

ムロアジ


20cmの立派な体躯をお持ちです。こいつらが最大で30cmくらいになるってのも分かる気がします。あと、直接素手では持たないほうが良いです。腹ビレが鋭く元気が良すぎて持ち方によっては刺さります。

とにかく疲れました。しかし、野宿釣行またしたいと思ってますw
トラックバック
by アジの厳選紹介 on 2007/08/13 at 12:08:33

くさや干物の最高級品で、鮮魚の特性から身がしまっており噛めば噛むほど、くさや本来の味がお楽しみ頂けます。通年にわたりご賞味頂けますが、秋の地元品、冬の寒仕込みのくさやは絶品です。くさや干物、本来の造りです。古式造りで1枚1枚丁寧に手間隙かけて天日乾燥して造

トラックバック送信先 :
コメント
276: by SUGAO on 2007/05/28 at 20:45:33

どうもどうもです~♪ (。^▽^。)/

にゃにゃおサン本日翼港へ行ってきました。
メチャアジ君が群れておりましたし、先見部隊のサバ
様が接岸していました!
ブログに書きましたので見てくださいね。

あ・サバ様はボ-ズだったんですけどね (。TへT。)/

277: by たけし on 2007/05/28 at 21:13:50

んーーー!潮が悪かったと潮のせいにしときましょう(^^)

 私は、釣れなかったときの半分は潮の所為にしています~笑

 サバは、バコバコには釣れていないみたいですね。回遊や地合がはっきりとしていれば良いのですが・・さすがに回遊魚だけにムラは有りますよね。負けずに次回期待しております!

278: by にゃにゃお on 2007/05/28 at 21:20:55

お二方ともコメントありがとうございます。

来週こそと・・・リベンジを誓ってます。

2週連続での野宿はきついので、
次はさすがにどっかに泊ろうかなと思ってます(笑)

▼このエントリーにコメントを残す