ブログ内検索

プロフィール

にゃにゃお

Author:にゃにゃお

Twitter

OK掛け軸

最近の記事

最近のコメント

ナチュラム最新入荷情報

キャンプ入荷速報
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
269: by たけし on 2007/05/21 at 22:21:09

こんばんは、リンクの件有難う御座います!早速、リンク貼らせてもらいました★

サワラは、顔がカッコいいですね~!私は、まだ釣り上げた事が有りませんが憧れの1魚種です。何度も通って釣り上げる1匹というのは本当にホッとしますよね。それから、本当に嬉しいあの感動。これが有るから釣りは楽しいんですよね!  

271: by にゃにゃお on 2007/05/21 at 23:09:22

他の方のブログみても、本日(21日)は相当渋かったようです。かろうじて1本上がったのでホッとしてますが、これに満足せず精進しようと思ってます。

私の釣り歴ですが、2006年の4月の和歌山・加太への釣行が記念すべき(?)一回目です。フグしか釣れませんでした。

あれからほぼ毎週のように釣りへ・・・少しは進歩した と思いたいのですが、淡路島ではよくボーズ食らってます。(笑)

余談ですが、ルアーを始める前はボーズになるのを怖れてました。でも、私が勝手に師匠と仰ぐ村越正海氏の言葉に気づかされました。

「自分のやり方を貫いた結果の貧果なら胸を張れ」と。

今はメタルジグ投げ倒すと、例えボーズでもすがすがしく思えてきます。と、同時にくやしー次は釣ってやる~と闘志を内に秘めながら。(笑)

272: by たけし on 2007/05/21 at 23:41:25

カッコいいですねー。村越氏の言葉は・・・。

私もカッコいい言葉を考案中にしときます。笑

メタルジグは、分かるような気がします。ショアからの青物は淡路島も狙って確率高く釣れるものでもないように思います条件さえ有っていて当たれば掛かりそうですがボーズになることが非常に多いです。100グラム以上のジグも投げ飛ばす事が有るのですが釣りをしているというよりも完全に運動しているような気分です。苦笑。 

 釣りをした後は、「今日も良い汗かいたなぁ・・。」と終わっている時も多々有ります。 それでも、楽しいのは楽しいですが、釣れないものは悔しいですね。その悔しさがあるからこそ次への闘士が沸沸と起こるのでしょうね。

273: by にゃにゃお on 2007/05/22 at 01:30:15

たけしさんもジギンガーなのですね。文中にも書いてますがちょっとリアフックについて困ってる事があります。

それは、ギャロップのような後方重心型のジグでハイピッチでジャークしていると、リーダーがリアフックに巻き込まれてしまうことです。私の場合だけかもしれませんが、ハイピッチでジャークさせると、させない場合に比べてよくアタリがある(気がします)のです。

それでバイト率およびフッキング率を高めるためにリアフックありでハイピッチジャークをしたいのですが、フックのサイズを変えたり、シングルフックにしてみたりと、いろいろ変えてみたのですが(ジグのサイズは変えてません。20g固定です)どうしても絡んでしまいます。ジャークの回数を減らし、アクションを緩くすれば絡みは減少します。

ハイピッチでも絡まないような何か良い方法をご存知ないでしょうか?また、たけしさんは私と同じような問題で、困ったことははありませんか? 

次回釣行ではその辺りを考えながらやってみようかと思っています。思いつきですが試してみたい方法は一つあるのですが。

いきなり長文ですみません(汗

▼このエントリーにコメントを残す

   

日本海サゴシチャレンジ3

ソルトの記事も増えつつあります。今回で4つ目。敦賀サゴシPへ2回目の釣行。サゴシチャレンジは3回目の挑戦になります。

もうワインドでサゴシ釣りたいとか、そんな拘りは捨ててます。ここまで渋いととにかく一匹釣って楽になりたいという心境ですw これは、神の与えた試練なのか、はたまた単に下手クソなだけか?!

例によって20日お昼過ぎに到着。昼から晴れだと思っていたのに、雲に覆われて気温が低い。北風が冷たく向かい風の外向きでは釣りになりません。黙々とキャストを続けていました。周りではたまに忘れた頃にポツポツと上がっています。ハイピッチでジャークを掛けていると、急にジグがふわっと浮いた感じがして、「食った!」と思ったのですが、フッキングせず。18時まで粘りましたが、2バイト、ノーフィッシュでした。天気は回復傾向にあるので、次の日はリベンジを誓い、周囲で釣りができそうな場所をウロウロして車の中で早めの就寝。

翌日4時に起きタックルのセット開始。夜が明けるのが早いので、4時にキャスト開始する感じでいいかもしれません。早い時間に一発勝負という場合もありますので。


タックルはいつものワインド用ですが、ジギングしかしてません。と言うか、ワインドとか他の方法を試している場合じゃありませんでした。とにかく1匹釣る事が大事。

ロッド:メジャークラフト クロステージ 862EH
リール:シマノ アルテグラ C3000
ライン:バークレイ・ファイアーライン 18lb (1.5号) SMOKE
リーダー:25lb フロロカーボン 透明(約1m) + ワイヤーリーダー(約20cm)
ルアー:ジャクソン・ギャロップ20g ピンク


ワイヤーリーダーはタチウオ用をやめて、イシナダ釣工業の形状記憶合金0.3mmφヨーヅリ ダブルスリーブSSを使って自作しました。ジグは毎度お約束のギャロップ君です。

4時半に先端に入ると、すでに何匹か上がっています。5時頃外向きでバタバタと上がりだしたので、オラもキャスト。ショートジャーク+リーリングを繰り返すと、

ガツン!!

来たか!!ここで会ったが百年目。ジャークしてるときに来たのでフッキングはしっかりしてるだろうと思いましたが慌てずにもう一度追い合わせを一回入れます。グイッ!!っとロッドをシャクリます。

あとはブルブルする引きを楽しみながらリールを巻き巻き。思ったより引き応えがないので型が小さいのかなと思いました。ランディングして計測すると45cm。うーむ、少し小さい。下あごにがっちりとフッキングしていますね。しかし、フックは一本だけ。

最初で最後


これが最初で最後のサゴシとなり、この後、満潮から1-2時間後くらいまではバイトも数回ありましたが乗りませんでした。フックの取り付け方にも問題があるみたいです。やはり、リアフック必要でしょうか。ある理由からつけてないんですが。

渋いのか群れが小さいのかそれはわかりませんが、竿頭で4匹という状況ですから一匹釣れただけでもよしとしますかってことで・・・12時ごろあたりも遠のいたので納竿しました。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
269: by たけし on 2007/05/21 at 22:21:09

こんばんは、リンクの件有難う御座います!早速、リンク貼らせてもらいました★

サワラは、顔がカッコいいですね~!私は、まだ釣り上げた事が有りませんが憧れの1魚種です。何度も通って釣り上げる1匹というのは本当にホッとしますよね。それから、本当に嬉しいあの感動。これが有るから釣りは楽しいんですよね!  

271: by にゃにゃお on 2007/05/21 at 23:09:22

他の方のブログみても、本日(21日)は相当渋かったようです。かろうじて1本上がったのでホッとしてますが、これに満足せず精進しようと思ってます。

私の釣り歴ですが、2006年の4月の和歌山・加太への釣行が記念すべき(?)一回目です。フグしか釣れませんでした。

あれからほぼ毎週のように釣りへ・・・少しは進歩した と思いたいのですが、淡路島ではよくボーズ食らってます。(笑)

余談ですが、ルアーを始める前はボーズになるのを怖れてました。でも、私が勝手に師匠と仰ぐ村越正海氏の言葉に気づかされました。

「自分のやり方を貫いた結果の貧果なら胸を張れ」と。

今はメタルジグ投げ倒すと、例えボーズでもすがすがしく思えてきます。と、同時にくやしー次は釣ってやる~と闘志を内に秘めながら。(笑)

272: by たけし on 2007/05/21 at 23:41:25

カッコいいですねー。村越氏の言葉は・・・。

私もカッコいい言葉を考案中にしときます。笑

メタルジグは、分かるような気がします。ショアからの青物は淡路島も狙って確率高く釣れるものでもないように思います条件さえ有っていて当たれば掛かりそうですがボーズになることが非常に多いです。100グラム以上のジグも投げ飛ばす事が有るのですが釣りをしているというよりも完全に運動しているような気分です。苦笑。 

 釣りをした後は、「今日も良い汗かいたなぁ・・。」と終わっている時も多々有ります。 それでも、楽しいのは楽しいですが、釣れないものは悔しいですね。その悔しさがあるからこそ次への闘士が沸沸と起こるのでしょうね。

273: by にゃにゃお on 2007/05/22 at 01:30:15

たけしさんもジギンガーなのですね。文中にも書いてますがちょっとリアフックについて困ってる事があります。

それは、ギャロップのような後方重心型のジグでハイピッチでジャークしていると、リーダーがリアフックに巻き込まれてしまうことです。私の場合だけかもしれませんが、ハイピッチでジャークさせると、させない場合に比べてよくアタリがある(気がします)のです。

それでバイト率およびフッキング率を高めるためにリアフックありでハイピッチジャークをしたいのですが、フックのサイズを変えたり、シングルフックにしてみたりと、いろいろ変えてみたのですが(ジグのサイズは変えてません。20g固定です)どうしても絡んでしまいます。ジャークの回数を減らし、アクションを緩くすれば絡みは減少します。

ハイピッチでも絡まないような何か良い方法をご存知ないでしょうか?また、たけしさんは私と同じような問題で、困ったことははありませんか? 

次回釣行ではその辺りを考えながらやってみようかと思っています。思いつきですが試してみたい方法は一つあるのですが。

いきなり長文ですみません(汗

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。