ブログ内検索

プロフィール

にゃにゃお

Author:にゃにゃお

Twitter

OK掛け軸

最近の記事

最近のコメント

ナチュラム最新入荷情報

キャンプ入荷速報
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

武庫一・大蔵海岸 -忍耐-

12月6日 武庫川一文字6番 大潮
12月7日 明石大蔵海岸   大潮

武庫一では15時ぐらいに渡船で渡り、半夜タチウオを性懲りも無くやってきました。今のタチウオはアタリハズレが大きいのかもしれない。前日5日に久々の二桁釣果が出ていたので6日はどうか?といったところですが。なかなか期待どおりにはいかんもんですなw

タックルはいつものやつとシマノ製の1.5号磯竿タックルの両方を使ってみた。

ロッド:磯竿1号5.15m
リール:シマノ AERNOS2000
ライン:3号ナイロン(赤)
ウキ :10号電気ウキ(ロケット型)
仕掛:タチウオテンヤ(タチウオリアルヘッド)+ケミホタル50

ロッド:シマノ ホリデー磯1.5号4.5m
リール:ダイワ LUXEL-V2506
ライン:2号ナイロン(蛍光黄)
ウキ :3号電気ウキ
仕掛:ワイヤーハリス一本鈎+ケミホタル50


この2本でアタリが頻繁にあったのが下のちょっとライトなタックル。両者で最も異なる個所は仕掛の重さ。渋いときは仕掛を軽めにするほうが良いとのことで、今回は偶然かもしれないが下のタックルによく反応があった。上のものよりも遠投はできないが10mぐらいのちょい投げできればOK。タナは3から4ヒロ。

掛けバラシが数回あって、やっと上げたのが80cm強・幅は指4本の立派なタチウオ様。21時最終引き上げまで粘るもアタリが集中していたのは18-19時と20時頃の2回で、キビナゴ真っ二つとか泣きをみました。今回のエサは中サイズのため食ったときに下半分がもろくなっていると、千切られてもっていかれ易いのかもしれない。もう一点は、ケミホタルのサイズと取り付け位置。タチウオの鋭い歯に対応するため、仕掛にはワイヤーハリスが結んである。このワイヤーハリス部分にケミホタルを取り付けるわけだけど、このケミホタルには実は結構浮力がある。ケミホタルの本来の役割はタチウオの集魚効果であるから、本来は大きなものの方がアピール力は抜群のはずである。しかし、大きなものほど浮力が大きくなるのでケミホタルの75とか使ってしまうと、下のようなエサの自重だけで落としこんでいくような仕掛では浮いてしまい易く、正確なタナがどれぐらいかは分からない。今回は50を使ってみたが、これでも大きすぎる気がした。取り付け位置も、できるだけエサの近くがよいと思われる。でないと変な部分で浮力が働き、ライントラブルになり易い

釣果報告
2006.12.7のまな板


翌日は大蔵海岸。前回、サヨリが釣れているのを目撃したため、今回は飛ばしのサヨリ仕掛とコマセのアミエビ、サシアミ小を持っていって早速サヨリ釣り開始。お昼前から天気が悪化し始めたため、6匹釣ったところで納竿しました。8時半ごろから始めて、4時間程度でお昼までにたった6匹とは・・・サシアミの鈎への付け方に問題ありますかな。サヨリ釣りはサビキと一緒で手返しが命。サヨリのサイズは30cmを越えるものから、20cm以下のものまでたくさんいます。天気が悪くなってからは、少し下に潜っているのか、なかなか釣れませんでした。武庫一といい、今回の大蔵海岸といい、粘ったほうだと思います・・・オラにしては。


最後に、ここ大蔵海岸といえば、過去に事故で尊い命が失われた場所でもあります。2001年の7月21日午後8時40分ごろ、JR朝霧駅上をまたぐ歩道橋で、花火見物に来ていた観客ら約200人が将棋倒しになり、子供や高齢者10名が犠牲になりました。また、同年12月30日には砂浜の陥没事故により女児が犠牲になっています。呪われた場所とは言いたくないですが、呪術や運命とかのせいではなくこれは人災です。しかも事前に防ぐことも可能であったかもしれない。今、楽しく釣りや夏には海水浴ができるのもこうした事故から学んだ教訓を今に生かしているからだと信じています。犠牲者の方のご冥福をお祈りします。

事故で亡くなった方を弔い、二度と過ちを犯さぬよう誓うために建てられたモニュメント。イレブンハート。

イレブンハート

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。